Skip to content

損傷した歯を修復するために歯冠を検討する

破損した歯がある場合、歯冠が必要かもしれません。それは、単なる審美歯科ではありません。歯が損傷していると、夜眠れないかもしれません。その部分の痛みが睡眠を妨げるかもしれません。損傷があると思ったら、すぐに歯科医院を訪れるのがよいでしょう。そうすれば、すぐに歯冠を得るための手続きを始めることができます。

早期治療の重要性

患者さんがすぐに歯科医院を訪れないと、ダメージが広がる可能性があります。例えば、その部分に細菌がいた場合、感染症を引き起こす可能性があります。良いニュースは、問題を早期に発見することで、歯冠が歯の保存に役立つということです。もし、患者がすぐに歯科医院に行かない場合は、根管治療が必要になるかもしれません。

歯は場合によっては割れることがあり、それは患者にとって悪い結果をもたらします。患者さんのお口の健康を損なう可能性があります。大きな詰め物をしたために歯の構造が弱くなり、ひびが入るかもしれません。また、外傷が原因で歯が割れることもあります。いずれにしても、亀裂があると、そこから細菌が侵入する可能性があります。

もちろん、歯冠が助けになるのは、ひび割れだけではありません。虫歯の治療をしていない場合、歯は危険にさらされます。しかし、どのようにして発生したかに関わらず、歯は冷たいものや熱いものに敏感になるかもしれません。また、噛んだりすると痛むこともあります。この問題を長く放置すると、歯を抜かなければならないかもしれません。歯科用バー

クラウンの装着

多くの場合、クラウンは複合材やセラミックで作られます。歯科医師はまず、既存の問題を解決することから始めます。大きな虫歯を治したり、根管治療をしたりします。そして、いよいよクラウンの製作に入ります。

歯科医は、患者の歯を削ることから始めます。そうすることで、クラウンのためのスペースができ、かさばることもありません。そして、患者さんの歯の印象を取ります。そうすることで、クラウンが正しくフィットし、噛み合わせに影響を与えないようにします。患者は2週間ほど仮のクラウンを装着することになります。歯科用LED光重合照射器

ラボで患者さんのクラウンを作るのに2週間ほどかかるかもしれません。その後、患者は永久的なクラウンを歯に装着するために来院します。歯科医はその時に仮のクラウンを外して、歯冠を装着します。多くの場合、歯冠を歯に固定するために歯科用セメントを使用します。そうすれば、所定の位置に留まることができます。

Back to main screen